ネイルスクールで学べる知識・技術について

“ネイルケアやネイルアートに興味があり、資格や技能を習得したいと考えるならば、ネイルスクールに入学すると、効率よく学ぶことができます。しかし、ネイルスクールと言っても、そこで学んで何をしたいかによって、学べる知識や技術の程度は違ってきます。ネイルスクールでは、趣味として自分のネイルケアをすることを目的としている人のためのコースもありますし、プロのネイリストを目指す人や、プロになった人がさらにレベルアップするためのコースもあります。
ただ、程度の差はあっても、ネイルスクールで学ぶ基礎知識に違いはありません。それは、爪の構造や成り立ち、或いは爪の病気等と言った、医学的なことを学びます。プロになろうとする人に対しては、資格取得が必要となりますから、より詳しく、そして試験対策となるような講義も行われますので、趣味で学ぶ人と比べると、多くの時間をとって講義が行われます。
一方、実技としては、エアブラシを使ったネイルアートや、ネイルケアのために必要なマッサージ法等、そしてジェルネイルなど、胃クステンションと呼ばれる技術を学びます。この実技についても、趣味で学ぶ人に対しても手抜きなく教えてくれますが、プロを目指す人に対しては、資格取得のために、さらにきめ細かい指導が行われますし、時間も多くとられることになります。
既にプロのネイリストとなった人が学ぶ場合には、更に上の資格を取得したり、更に難しいスキルを習得するための講義や実技が行われます。”

ネイルスクールに必要な学費の相場は?

“ネイリストになりたいと考えても、ネイルスクールに通う学費が、とても高いというイメージを持つ人は少なくないでしょう。
実際に必要な費用は、ネイルスクールや、通う期間、習う内容によって大きく変わってきます。
ネイルの基本的な知識と、基本的な技術を、趣味で習いたいと考える程度であれば、10万円以下の講座もあります。
ただ、資格の取得を考えると、もう少し高くなるのが一般的です。
ネイル検定3級の取得の場合30万円程度、ネイル検定2級取得まで視野に入れたら40万円程度考えておく事がお勧めです。
更に、独立開業まで目指す本格的な技術を身につけたいと考え、専門学校に通いたいと考えた場合、100万円以上、200万円近く必要になる事も珍しくありません。
実際にネイルスクールで、必要な技術だけ学ぶ事を考えた場合50万円以下でも可能です。
ただ、スクールに通い、何を勉強したいか、どんな技術を身につけたいか、ネイリストとして将来、独立して活躍したいか等、希望によって学費の相場というのは大きく変わってくる事になります。
ですから、ネイルスクールは高いと簡単に諦めるのではなく、希望する費用で可能なスクールを探してみる事がお勧めです。
更に、高い方が、高度な技術を身につける事が出来ると簡単に考えるのではなく、本当に習いたい技術についてしっかりと考えた上で、スクールを選ぶ事が大切です。
ネイルスクールの学費の相場は、スクールによって様々ですが、資格取得を考えたら40万円前後考えておく事がお勧めです。”

ネイルスクールの支払い方法

“マニキュアよりもデザイン性が高く、日持ちがして丈夫であることから、オシャレを楽しむ以外に爪の保護を目的としてジェルネイルを愛用する女性が大変増えています。
需要が高まっていることから、プロのネイリストになりたいと、専門のネイルスクールに通う人が多くなりました。ネイリストになるには国家資格など必要ありませんので、資格を持たずともネイリストとして開業したり、就職することは可能です。しかし、確かな技術があることを証明する資格がある方が仕事を始めるのに有利なことから、民間の資格を取りやすいネイルスクールに通うのが無難といえます。
当然ながら、ネイルスクールに通うには、学費を払う必要があります。
支払い方法はスクールによって違いが見られますが、とあるネイルスクールでは、入学金以外の授業料について一括払い、二回の分割払い、教育ローンによる支払い方法が用意されています。
教育ローンに関しては、日本政策金融公庫という国が運営するローンを利用できるところなら、一般的なローンよりも低金利で融資を受けながら通うことができます。この教育ローンは最大300万円まで融資を受けることができ、授業料だけでなくスクールに通う交通費や、家賃に使うことも可能となっています。最大で15年という長期の返済が可能で、アルバイトをしながら通ったり、就職してまだ給料が安い場合でも、月々の負担が少なく済むのが有り難い制度といえます。
お金に余裕がない人は、日本政策金融公庫の対象校となっているネイルスクールに通うとよいでしょう。”